貴方の肌も、最近話題の「インナードライ肌」かも

皮脂の分泌が激しいのに実は乾燥肌という、とてもやっかいな「インナードライ肌」ですが、化粧水の使い方にもポイントがあります。

 

インナードライ肌となってしまった肌は、表面的にはそう見えないにも関わらず、肌の内部はかなり乾燥している状態です。
そんな肌に潤いを与えるためには、保湿性よりも、保水性の高い化粧水を丹念に使って、肌の乾燥を改善してあげる必要があります。

 

ところで「保湿性」と「保水性」の違いというのは、わかりますか?

 

簡単に言うと、「保湿性」が高いというのは、肌の油分が多いこと、そして「保水性」が高いというのは、肌の水分が多いことです。

 

インナードライ肌の場合、皮脂の分泌が多いなど「保湿性」は高いのに、「保水性」が低いという状態となっています。
「保湿性」と「保水性」は、どちらが重要というものではなく、両方のバランスが良いことが大切です。

 

つまりインナードライ肌の場合に必要なのは、「保水性を高めること」になるわけですから、
必然的に使用する化粧水は「保湿性の高い」ものではなく、「保水性の高い」ものになるわけです。

 

そしてこの「保水性の高い化粧水」を丁寧に丹念に肌に染み込ませていきます。

 

もちろん、化粧水を染みこませるのは、毎回、一度や二度ではなく、
手に肌が吸い付いてくるのを感じるくらい肌に化粧水が浸透するまで繰り返します。

 

この時手に取った化粧水を、肌に叩きつけるようにする人がいますが、
これは肌に過剰に刺激を与えるだけで、あまり肌に良い影響はありません。

 

手に取った化粧水は、丁寧に肌に押し付け、押し込むように使用するのが肌にもっとも浸透するやり方なのです。

 

またもし時間があるならば、保水性の高い化粧水でローションパックをすることで、
より十分な水分補給になりますので、可能であれば週に1日でも月に1日でも、化粧品のローションパックを行うことをおすすめします。

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング